1. モロッコ王国大使館 HOME
  2. モロッコ王国について
  3. 世界遺産

世界遺産

テトゥワンの旧市街(メディナ)

テトゥワン

15世紀、スペインから逃れてきたイスラム教徒によって建造された。モロッコとアンダルシアの交易の重要地点として栄えた。イスラムとアンダルシアの建築様式が調和した美しい街である。

フェズの旧市街

フェズの旧市街

9世紀初めにモロッコ最初のイスラム王朝、イドリス朝の都となった。迷路の町として有名である。世界最古の大学であったカラウィーン・モスクがあり、建造以来文化、思想、文明の中心地あり続けた。

ヴォルビリスの古代遺跡

ヴォルビリスの古代遺跡

紀元前3世紀にはマウレタニアの首都であったが、紀元前40年以後ローマ帝国の属州となる。油などの交易で商業都市として栄えた。広大な敷地に残る凱旋門、広場、浴場、邸宅跡から当時の繁栄が偲ばれる。

古都メクネス

古都メクネス

17世紀アラウィー朝の始祖ムーレイ・イスマイルの時代に首都として最盛期を迎えた。イスラムとヨーロッパが調和した美しい都市である。ムーレイ・イスマイル廟、都市入り口に立つマンスール門はイスラム建築の傑作である。

マラケシュの旧市街(メディナ)

マラケシュの旧市街(メディナ)

1070年-72年にアルモラヴィッド王朝により創設され、政治、経済、文化の中心地として栄え、北アフリカからスペインのアンダルシア地方まで影響を与えた。主なモニュメントはクトゥビア・モスク、王宮の門、ジャマ・エル・フナ広場、サード朝王族の大廟墓郡などがある。

アイト・ベン・ハッドゥ

アイト・ベン・ハッドゥ

高い城壁に囲まれた日干し煉瓦造りの集落。モロッコ南部地域の伝統的な建造物で、内部にはモスクを中心に家々が並ぶ壮大な迫力ある要塞村である。

マサガン(エル・ジャジーダ)のポルトガル都市

マサガン(エル・ジャジーダ)のポルトガル都市

16世紀初頭、大西洋岸に建築され、ポルトガルによって支配された要塞都市。当時マザガンと呼ばれた。ルネッサンス様式とポルトガル建築が調和し、ヨーロッパとモロッコの文化が交差する街である。それらの影響が建築、タウン・プランニングに見られる。

エッサウィラの旧市街(メディナ)

エッサウィラの旧市街(メディナ)

17世紀にフランス人建築家により設計され建造されたヨーロッパ建築様式の要塞都市。整然とした城壁に囲まれたメディナには広い道が走り、湾の要所には砲台が据えられている。青い空と白い町並みが美しい、国際貿易都市である。

首都ラバト

首都ラバト

2012年7月に登録。北西部大西洋岸に位置する行政の中心。歴史的遺跡が残る旧市街と各国大使館が並ぶ新市街にはアラブ・イスラムと西欧文明が共存しあい、エレガントな街を形成している。

ページの先頭へ戻る