1. モロッコ王国大使館 HOME
  2. News
  3. 2012 news

アラブチャリティーバザーの収益金で被災地の幼稚園に絵本贈呈

2012.05.10

4月8日に開催された駐日アラブ大使夫人によるアラブチャリティーバザーの収益金で東関東大震災で被災した東北3県(岩手・宮城・福島)の幼稚園6か所に絵本が贈呈されました。

5月10日、駐日アラブ大使夫人会長であるモロッコ大使夫人をはじめサウジアラビア大使夫人、パレスチナ大使夫人、クウェート大使夫人、スーダン大使夫人が福島県いわき市の平第一幼稚園を訪れ、絵本の贈呈式を行いました。

平第一幼稚園では津波で建物が破壊された久野浜幼稚園の園児75名を受け入れています。福島県の幼稚園では放射能モニターが設置され、リアルタイムの放射線量が文科省に送られるなど、園児の放射能被曝に注意を払っていますが、屋外での活動が限られているため、「園児達が室内で楽しめる絵本の贈呈を感謝します」とのお言葉を幼稚園理事長の志賀氏よりいただきました。


絵本贈呈式

大使夫人からの絵本贈呈の様子


放射線モニター

幼稚園に設置されている放射線モニター(データはリアルタイムで文科省へ送信)


久ノ浜第一幼稚園

津波被害にあった久ノ浜第一幼稚園(青木園長の迅速な避難誘導により、園児は全員無事でした)
==

アラブチャリティーバザーにご協力いただきました皆様に御礼申し上げます。


ページの先頭へ戻る

News