1. モロッコ王国大使館 HOME
  2. News
  3. 2012 news

株式会社アビーで先進的な冷凍技術を視察しました

2012.07.11

研究産業・産業技術振興協会の紹介により、細胞を破壊しないで食品等を凍結させるCAS技術を持つ株式会社アビーを訪問しました。CAS技術を使って冷凍した食品は、解凍後ほぼ生鮮食品と同等の状態を保ち、アルール大使自身、刺身、フルーツ等々の試食をしました。

アビーの代表取締役・大和田哲男氏は「食品の鮮度を保ったまま、一次加工をすることにより、1)過剰に収穫、生産した際の食品の無駄をなくす、2)加工所を作ることにより雇用を創出し、付加価値をつける、3)農業、漁業に従事する者の所得を増やす、ことなどを信念としている」と語りました。「素晴らしい技術であり、既に食品業界のみならず、医療業界でも注目されている技術をモロッコにも紹介したい」とアルール大使は語りました。


ABI
<左から>株式会社アビー・大和田社長、アルール大使、研究産業・産業技術振興協会大嶋専務

CAS

CAS冷凍を視察するアルール大使

ページの先頭へ戻る

News