1. モロッコ王国大使館 HOME
  2. News
  3. 2012 news

第5回シリア制裁ワーキング・グループ会合、日本開催で共同議長を務めました

2012.11.30

11月30日、東京において、第5回シリア制裁ワーキング・グループ会合が開催されました。

<会合の概要>
日時: 11月30日(金)10時30分―16時00分
場所: 三田共用会議所(東京)
議長: 宮川中東アフリカ局長、アルール大使、フィーに欧州対外活動庁(EEAS)制裁調整官(3か国による共同議長)
参加者:67の国・国際機関及びシリア反体制派グループの代表など計130名

奥出雲多根自然博物館
<前列左より>アルール大使、玄葉外務大臣

議論は玄葉外務大臣による冒頭挨拶で開幕し、続いて、共同議長による冒頭挨拶、シリア反体制派グループによる意見表明が行われた。その後、制裁の実効性向上のための意見交換、金融・貿易管理分野での実施における課題克服に関する各国の取り組み、シリア情勢に対する国際社会のアサド政権への圧力強化、難民・避難民への人道支援、ポスト・アサドの復興支援の準備、反体制派の統合支援等について意見交換をし、復興支援準備の一環として経済復興ワーキング・グループとの緊密な連携の必要性を確認した。

採択された共同声明及び骨子はPDF参照。

    joint_statement 共同声明(英文) statement_jp_summary 骨子(和文)


ページの先頭へ戻る

News