1. モロッコ王国大使館 HOME
  2. モロッコへの旅の準備
  3. 旅のお役立ち情報

旅のお役立ち情報

通貨と為替

  • ・モロッコの通貨はディルハム(DH)。1ディルハムは100サンチーム。
  • ・ディルハムの持ち出し、持ち込みは固く禁じられています。
  • ・モロッコにおいて非居住外国人は、持ち込んだ外国通貨を空港内の両替所、銀行など両替することができます。
  • ・外国通貨をディルハムに両替する場合には、両替証明書を取得しておくこと。再両替時に必要です。

欧米通貨建ておよび日本円現金は、銀行や市内の両替所などで両替できます。トラベラーズチェック(T/C)は、両替できない場合が多いためご利用には適しません。 ディルハムの国外持ち出しは原則的に禁止されているので、出国目前の場合小刻みに両替した方が良いでしょう。尚、再両替は空港出発ターミナルの両替所のみで可能です。

クレジットカードについて

クレジットカードでの支払い対応可能なところは増えてきているものの、モロッコではクレジットカードの 支払いはまだ一般的ではなく、利用可能な場所は高級ホテルやレストラン、一部のブティックやリヤドに限られます。

一般的にVISA、Master Cardは利用可能ですが、他のカードは対応してない事が多く、また、 クレジットカード対応可能な場所でも通信状況によっては決済が通らない場合があるため、現金の用意をお勧めします。

海外キャッシングサービスが可能なクレジットカードであれば、市内銀行ATMで現金の引き出しが可能です。 銀行に併設されているATM、かつ、銀行営業時間内にご利用されることをお勧め致します。

旅の服装について

モロッコは海岸沿いの海洋性の温暖な気候から、砂漠や内陸など夏は摂氏40度を超えるなど地域によって気候が大きく異なります。 1年を通して昼夜の寒暖差が大きいため、重ね着で調整できる服装がお勧めです。また、砂漠に旅をする方は1枚余分にフリースやジャケットを用意した方が良いでしょう。

イスラム教の国ですので、極端な肌の露出は避けましょう。

モロッコの祝祭日

太陽暦を採用していますが、イスラムの宗教行事、また祝祭日はイスラム暦に基づくものもあります。イスラム暦は1年が354日である為、毎年10日前後早まります。祭事の催行は天候、イスラム歴等、諸事情により左右されることがあります。

太陽暦の祝祭日

新年(1月1日)、独立宣言記念日(1月11日)、メーデー(5月1日)、国王即位記念日(7月30日)、ウェッダハブ祭(8月14日)、革命記念日(8月20日)、モハメッド6世国王誕生日(8月21日)、緑の行進記念日(11月6日)、独立記念日(11月18日)

イスラム暦の祝祭日(直前にイスラミックセンターに確認した方が良い)

イスラム暦新年、モハメッド生誕際、ラマダン始め、ラマダン明け、犠牲祭など。

風習

“郷に入ってはては郷に従え”で現地の習慣を尊重しながら行動しましょう。
モスク、廟などのイスラム教の建物は信者以外立ち入り禁止が多く、一部(ハッサンII世モスク、ムーレイ・イスマイル廟、モハメッドV世廟)を除き、見学できるのは外観のみです。
年に一度のラマダン(断食月)は、イスラム教徒にとって大切な行事で、人々は日の出から日没まで食事をしません。この時期はホテルやツーリスト用のレストラン以外は日中閉店しています。日没後に人々は“朝食”をとります。

その他

  • ・郵便: 葉書と封書 (15g)は15.60DHです。(2017年7月現在)
  • ・電圧は220V, 50Hz、コンセントはCかSEタイプですが、多くの場所でCタイプで利用可能です。。
  • ・時差…日本より9時間遅れです。サマータイムあり。(ラマダン中はサマータイムを元に戻す地域があるのでご注意ください。)

ページの先頭へ戻る