ニュース

モハメッド六世国王陛下と国連事務総長との電話会談

11月 16, 2020

モハメッド六世国王陛下と国連事務総長との電話会談

モハメッド六世国王陛下は国連事務総長アントニオ・グテーレス氏と電話会談をしました。会談は、モロッコのサハラ地域、エル・ゲルゲラトの緩衝地帯の状況を含む、国家大義の最新の動向に焦点を当てたものでした。ポリサリオの民兵が容認できない行動を撮ったのはこれが初めてではなかったため、この会談の中で、国王陛下は、事務総長による称賛に値する試みがすべて失敗した後、モロッコ王国はその最も正当な権利の枠内で、責任を負ったと強調しました。モロッコは状況を回復し、問題を確実に解決し、交通の流れを再確立しました。国王陛下は、モロッコ王国は秩序を確保し、モーリタニア・イスラム共和国との国境にあるこの地域の人々と物資の安全で流動的な移動を保証するために、必要な措置を講じ続けると述べました。国王陛下は国連事務総長に、モロッコ王国の停戦への確固たるコミットメントを再確認しました。同様に、王国は、その安全と市民の平和に対するあらゆる脅威に対して、最大限の厳しさと正当防衛の枠組みの中で対応することを固く決意しています。最後に、国王陛下は、モロッコが政治的プロセスの枠組みの中で国連事務総長の努力を支援し続けることを保証しました。 政治的プロセスは、この地域紛争の実際の当事者を巻き込み、王国の主権の枠組みの中で現実的で達成可能な解決策を可能にする明確なパラメーターに基づいて再開する必要があります。