ニュース

モハメッド六世国王陛下とアブドッラー二世ヨルダン国王陛下との電話会談

11月 19, 2020

モハメッド六世国王陛下とアブドッラー二世ヨルダン国王陛下との電話会談

モハメッド六世国王陛下はアブドッラー二世・イブン・アル・フセイン・ヨルダン・ハシェミット王国国王陛下と電話会談をしました。この電話会談は、二つの王国の強い絆と誠実な愛情の枠組み、二人の国王の継続的な協議と永続的な調整の伝統、ならびに両国の実りある協力と闊達な連帯を反映しています。ポリサリオの民兵が容認できない行動を撮ったのはこれが初めてではなかったため、この会談の中で、国王陛下は、事務総長による称賛に値する試みがすべて失敗した後、モロッコ王国はその最も正当な権利の枠内で、責任を負ったと強調しました。電話会談の中で、アブドッラー二世国王陛下は、モロッコのサハラにあるエル・ゲルゲラト地域の人々と物資の移動を確保するためにモハメッド六世国王陛下が下した決定を歓迎しました。また、この作戦の成功と、モロッコ王国からサハラ以南のアフリカ諸国への人と物の安全な移動の再開について、モハメッド六世国王陛下を祝福しました。この機会に、アブドッラー二世国王陛下は、ヨルダン・ハシェミット王国がモロッコの年ラユーヌに総領事館を開設することをモハメッド六世国王陛下に表明しました。この目的のために必要な取り決めは、両国の外務省によって調整します。モハメッド六世国王陛下は、アブドッラー二世国王陛下に、モロッコの領土保全の問題に関してヨルダン・ハシェミット王国が継続的に取っている支持的な立場を反映した重要な決定に尊敬と感謝の意を表明しました。