経済

経済概要

モロッコは、ヨーロッパへの近さと比較的低い人件費により、多様で開かれた市場経済の構築に取り組んできました。

経済の主要セクターには、農業、観光、航空宇宙、自動車、リン、繊維、アパレル、および各種部品等が含まれます。

モロッコは、アフリカ全土のビジネスの中心地および中継地としての地位を確立するために、港湾、輸送、および産業インフラへの投資を増やしています。タンジェの新しい港湾開発と自由貿易地域など、工業開発戦略とインフラの改善は、モロッコの競争力を向上させています。

ロッコはまた、再生可能エネルギーの容量拡大を目指し、2030年までに発電容量の50%以上を再生可能エネルギー源にすることを目標にしています。

主要経済指標

 

2015

2016

2017

2018

2019

人口 (百万人)

34.1

34.5

34.9

35.2

35.6

GDP (USD 10億)

102

104

110

117

120

一人当たりのGDP (USD)

2,975

3,003

3,159

3,318

3,364

経済成長(GDP %)

4.5

1.1

4.2

3.1

2.5

失業率 (%)

9.6

9.9

10.2

9.7

9.3

インフレ率(CPI %)

1.6

1.6

0.8

2.0

0.2

貿易バランス (USD 10億)

-14.7

-17.6

-18.0

-20.3

-20.0

輸出 (USD 10億)

18.6

19.1

21.5

24.6

24.7

輸入 (USD 10億)

33.3

36.7

39.5

44.9

44.7

農業

モロッコの農業は、近代化と多様化の面で大きな進歩を遂げました。 昔も今も、農業活動はモロッコ経済の柱の1つであり、農業部門は国家レベルで主要な活動分野です。

モロッコはまた、国際市場の統合が進んでいる状況において、特定の食料品の自給自足率を改善しています。

主な農産物

小麦、甜菜、牛乳、じゃがいも、オリーブ、トマト、柑橘類(タンジェリン、マンダリン、オレンジ)、大麦、玉ねぎ。

詳細については、以下のリンクをご参照ください。

http://www.agriculture.gov.ma/en/pages/strategy

https://www.ada.gov.ma/en

産業

自動車、リン、鉱工業、航空宇宙、食品加工、皮革製品、繊維、建設、エネルギー、観光

詳細については、以下のリンクをご参照ください。

http://www.mcinet.gov.ma/en

観光
訪問者: 2019年に1300万人
ランキング: 世界第35位、アフリカ第2位
外国からの観光収入: 2019年に8890億USD
国内観光収入: 2019年に151億USD
雇用: 経済雇用の5%
GDP比率: 7,1%

詳細については、以下のリンクをご参照ください。

https://www.visitmorocco.com/en

Moroccan National Tourist Office

Ministry of Tourism, Air Transport, Handicraft and Social Economy

再生可能エネルギー

再生可能エネルギーの開発は、エネルギー源を多様化するという国家政策の中心であり、2030年までに総電力の52%がグリーンエネルギーによって提供することを目標としています。

再生可能エネルギーの開発と同時に、エネルギー効率の向上は、エネルギー戦略の優先事項であり、2030年までにエネルギー消費の15%を節約することを目標としています。これを念頭に置いて、エネルギー効率の行動計画は、すべての主要セクター、特に輸送、産業、建設の分野で実施されています。

モロッコが利用できる再生可能エネルギー(太陽光と風力)の大きな可能性を考慮して、増大する電力需要を満たし、環境を保護し、他国からのエネルギーへの依存を減らすために、再生可能エネルギーに役立つ多様なエネルギーミックスの構築が計画されています。

モロッコは再生可能エネルギー源から電力を生産するための非常に大規模なプロジェクトを開始しています。新しい風力発電所の建設と5つの太陽光発電所の建設を含み、世界最大のプロジェクトの一つとされています。

詳細については、以下のリンクをご参照ください。

https://www.masen.ma/en

アフリカにおけるモロッコ経済の存在:

モロッコは、自国が位置するアフリカ大陸を開発の優先事項の最優先事項に位置付けています。

モロッコは国王陛下の指導の下、共同開発、南南連帯、強力な社会的および人間的側面の概念に基づいて、アフリカ諸国とのパートナーシップモデルを実施することを主な目的として戦略的外交アプローチを採用しています。

なぜアフリカなのか?

  • ・アフリカはもはや貧困、未発達、紛争の大陸と見なされるべきではなく、投資と貿易の可能性の機会に満ちた大陸と見なされるべきです。
  • ・アフリカ市場が他の市場よりもリスクが高いという固定観念を打ち破り、大陸間および大陸内の協力の可能性を強化する時が来ました。
  • ・アフリカは年平均成長率が4.3%を超えると予想されます。
  • ・ 2025年には新興の中産階級が約2兆米ドルを消費するとの予測されます。
  • ・ アフリカには自然資源と農業資源があります。世界の耕作されていない耕作地の60%、世界の鉱物埋蔵量の30%、世界の天然ガスの10%がアフリカにあります。
  • ・ 投資の年間成長率は11%に達し、製造業は9,300億米ドルに達しました。
  • ・目覚ましい成長率とアフリカでの需要の高まりにより、アフリカはこの大陸で足場を築こうとする多くの大国間の競争の場となっています。
  • ・新しいパートナーの出現と存在感:中国(貿易売上高2200億米ドルと1000億米ドルの投資)、インド(貿易売上高620億米ドルと200億米ドルの投資)、日本(貿易売上高240億米ドルと200億米ドルの投資)

アフリカにおけるモロッコ経済の存在:

ロイヤルビジョンのおかげで、モロッコは今日、西アフリカ地域で最大の投資国であり大陸レベルで2目の投資国となっています。

モロッコは、銀行、保険、エネルギー、電気通信などの重要なセクターにおいて、アフリカで実質的に多様な存在感を示しています。

  • ・モロッコの銀行 (Attijariwafa銀行(AWB)、Banque Centrale Populaire(BCP)、およびBMCE Bank of Africa(BBoA))は現在、主にセネガル、コートジボワール、マリ、トーゴなど25のアフリカ諸国に存在しています。
  • ・モロッコのグローバルな電気通信事業者である「マロックテレコム」は国際的に成長し、現在アフリカの11か国に存在しています。
  • ・国が95%所有するモロッコのOCPグループ(Office Chérifiendes Phosphates)は、世界の粗リン酸塩、リン酸、およびリン酸塩肥料の主要な輸出元です。 OCPグループはOCPアフリカを設立し、アフリカ大陸、特にエチオピア、ナイジェリアアイボリーコーストブルキナファソ、セネガル、カメルーン、ベニン、ケニア、タンザニア、ルワンダ、ガーナ、ザンビアに12の子会社を設立しました。
  • ・1957年に設立されたRoyal Air Maroc(RAM)は、エチオピア航空を擁する航空業界で数少ないアフリカの大手企業の1つです。 RAMには約60機の航空機があり、現在アフリカ大陸の32以上の目的地に就航しています。

また、モロッコは、水、衛生、税関、空港管理などの優先分野でさまざまなパートナーシップと能力開発活動を行っています。

モロッコは、アフリカ大陸全体への拡大に関心を持つ国際企業のハブと拠点の両方としての地位を確立することに重点を置いています。

カサブランカファイナンシャルシティは、フランス語圏のアフリカ市場の金融ハブになりました。モロッコに生産ユニットを設立した主要な多国籍メーカーの多くは、アフリカ市場に活動を拡大しています。