モロッカン・サハラ

サハラ紛争:地域紛争の起源と現実

複雑な領土返還プロセス

植民地時代、モロッコ(当時はシェリフィエン帝国として知られていました)は、1895年から1912年にかけて植民地勢力によって、中央部をフランスと北部と南部をスペインが管理するいくつかのゾーン(保護領と植民地)に分割されました。 また、タンジェは12の勢力によって管理される国際ゾーンとして宣言されました。

この背景から、モロッコの脱植民地化プロセスは、単純で直線的なプロセスではなく、かなり長く、段階的で複雑なプロセスであり、領土保全を完全に取り戻すためにさまざまな植民地勢力との交渉プロセスを経ることになりました。1956年、モロッコはフランスからの独立を達成し、フランス保護領ならびにタンジェを領土として回復しました。スペインとの交渉も開始し、王国北部からの撤退につながりました。その後、モロッコはスペインが支配する南部の残りの領土からの撤退を交渉しました:1958年のシントラ協定でタルファヤを、1969年のフェズ協定でシディイフニを回復。そして1975年には西サハラとして知られるサキアアルハムラとウエドエダハブ地域は、マドリッド協定と国際司法裁判所により、スペインの統治以前にモロッコがこれらの地域に結びつきがある認められました。

冷戦中の代理戦争の劇場

冷戦中、地政学的な理由から、東部ブロックの重要国であるアルジェリアは、植民地支配下にあるすべての領土について、モロッコの主権回復をの国際社会が認めることを妨害することを決議しました。アルジェリアは、外交、軍事、金融資産を使用して、サハラに対するモロッコの主権を弱体化させるために、ポリサリオとして知られる分離主義者グループの創設を支援しました。

国連の関与

国連は停戦を監視し、問題を解決するために1981年にモロッコによって要求された国民投票の組織の当事者を支援する任務を負いました。有権者の適格性に関する意見の相違により、10年以上にわたる交渉が行われましたが、何の結果も得られませんでした。 2000年、国連事務総長のコフィ・アナンは、和解計画と国民投票の開催が適用不可能性であることを認識し、この地域紛争の政治的解決に向けて努力するよう双方当事者に求めました。以来、安全保障理事会は、地域紛争の当事者間の妥協の相互に受け入れられる政治的解決に到達するために国連から支援しています。

モロッコの自治提案:双方にメリットのある妥協案

モロッコは、長年の人為的な地域紛争に終止符を打つために、2007年4月11日に安全保障理事会にサハラ州の自治イニシアチブ提案を提出しました。この提案は、現状を乗り越えてこの紛争の最終的な解決策を見つけるために、国連で何年にもわたって行われた議論の成果でした。自治イニシアチブは、他の当事者との交渉の基礎となるものであり、実質的で革新的であり、国際法の原則に準拠しています。

自治イニシアチブを通じて妥協案を見つけるためのモロッコの取り組みは、2007年以降のすべての国連安全保障理事会の決議によって歓迎され、「真剣で信頼できる」と見なされました。これらの努力は前向きな勢いを生み出し、アルジェリアとモーリタニアも出席したポリサリオとの交渉ラウンド(4回の公式ラウンドと9回の非公式ラウンド)につながりました。ポリサリオとアルジェリアは、人権問題、天然資源などを体系的な手段とし、停戦を打破するための軍事的挑発(2016年のゲルゲラット危機)などでこのプロセスを狂わせようとする試みを倍増させ、2012年以来交渉を停滞させました。

ポリサリオ:解放運動?

スペインの植民地時代、モロッコは国際レベルで領土を主張した唯一の国でした(1963年の国連脱植民地化委員会)。ポリサリオは存在しませんでした。ポリサリオは、1976年2月に西サハラ地域からスペインが撤退する数か月前に、アルジェリアとリビアのカダフィの支援を受けて設立されました。国際的には、ポリサリオは武装集団として、場合によってはテロ集団(例:日本)として認識されていますが、解放運動としては認識されていません。ポリサリオは主としてモロッコの西サハラ地域の12の支配的な部族のうちの単一部族のメンバーで構成されていますが、唯一の代表であると主張しています。モロッコ南部のサハラウィの声となる法的基盤、支持、あるいはいかなる民主的な正当性もありません。さらに、その基地は隣接するアルジェリアにあるため、ポリサリオはサハラに物理的な拠点を持っていません。モロッコ人として完全な権利を行使するモロッコ国民として住むサハラウィが35万人であるのに対して、アルジェリアのティンドゥフ地域のポリサリオキャンプの全人口は、およそ45,000人の住民と推定されています。(南部諸州は国内でも最も投票率が高い地域です: 79%)。

ティンドゥフキャンプの独特な性質

過去40年間、アルジェリアのティンドゥフキャンプの住民は、1951年の国連難民条約や2011年以降の安保理決議と最新の報告書における事務総長の勧告を含む国際人道法に従って国連が収容所の人口統計を保持することをアルジェリアが体系的に阻止したため、権利を奪われてきました。アルジェリアのアプローチは、キャンプの現実を隠し、過大評価された数の難民を維持することを目的としています。これにより、地元の役人とポリサリオは、私的かつ不正に富を得るために人道援助を横領することができます。また、キャンプの継続的な軍事化は、国際人道法に明らかに違反しています。ティンドゥフの民間人は、自由な移動と、モロッコに戻る権利、またはアルジェリアの領土の他の地域や第三国に定住する権利を妨げられています。ディンドゥフにいる人々は、その幸福を完全に無視して、原因を正当化するためのツールとして利用されてきました。

高まるセキュリティの脅威と失敗国家のリスク

過去10年間で、サヘル-サハラ地域の安定性は着実に低下してきました。 サヘル諸国は、新たな世界的課題(麻薬密売、南米からのコカイン、移民、テロ)に対処するには治安機関が脆弱です。 テロリズムは、北西アフリカの地域とチャド盆地に次第に広がっています。 国境を越えた組織犯罪とテロリズムの関係は強化されており、サヘルサハラ地域の武装グループや、ポリサリオ戦のような分離運動に資金を提供し続けています。その一部は米国国務省のテロリストリストにも掲載されています(例:アドナン・アブ・ワリド・アルサラウィ 、ISISの大サハラのリーダー)。

さらに、1994年以来国境が閉鎖されたままであるモロッコとアルジェリアの間の深い不信は、マグレブ州とサヘル州にとって有益となるはずの安全保障協力を妨げています。国境を開くようにモロッコが繰り返し呼びかけたにもかかわらず、アルジェリア当局は現状を維持することを再び選択しました。

これらの出来事に照らして、より大きな地域安全保障協力を促進するために、サハラをめぐる地域紛争に対する長期的な最終解決策を見つけることが不可欠です。アルジェリアとポリサリオによる独立国家を推進するために採用した戦略は、失敗国家を設立することになり、地域をさらに不安定化させる恐れのある非現実的な有毒なアプローチです。大西洋岸だけでなく、地中海とサヘル地域の玄関口で失敗国家は、地域的および国際的な安定への脅威となるでしょう。すべての利害関係者は、独立は選択肢ではないことを強調し、政治的解決策としてモロッコの領土保全とその主権を尊重するを妥協案を支持しました。

モロッコ南部諸州の有望な見通し

モロッコは現在、南部地域をパイロットプログラムとして、高度な地方分権化プロセスを実施しています。 このプロセスにより、各地域は自治権を有します。 さらに、この地域への数千億米ドルのモロッコの投資は、南部諸州をモロッコとサハラ以南のアフリカの間の主要な貿易ハブ(ダフラ大西洋港)、および新しい観光地(ダフラ)に変えることを目的としています。 モロッコは、主要なインフラプロジェクトのために、フランスと湾岸諸国(UAE、KSA、カタールなど)からこの地域へのFDIの確保に成功しています。 2017年、マクドナルドは南部のラーユーンに初のフランチャイズをオープンしました。

モロッカン・サハラ:紛争についての幻想と現実

モロッカン・サハラ:紛争についての幻想と現実
モロッカン・サハラの紛争については多くの幻想があります。幻想は、この対立についての真実の理解と、それを解決するための健全で生産的で前向きな立場の採用を妨げます。この紛争の歴史的現実はすべての人に知られており、現場でも感じられますが、現実を明確に把握するため、これらの幻想を解体する必要性は緊急性を帯びています。モロッコの主権の下で拡大した自治権に基づく最終的な解決に貢献し、サヘルを経済開発のハブとして、そしてサヘル-サヘル地域の安定と安全の源としての位置づけを強化することになります。

幻想・その1 「サハラ地域はアフリカで最後の植民地です」 これは歴史的真実では全くありません。 サハラ地域はスペインによって植民地化されましたが、スペインの植民者が去ったのちに解放されました。

幻想・その2 「サハラの人々は地域の事務管理と資源管理から除外されている」 これは真実ではありません。サハラの人々は地方分権により、代表が議会や組織を通して事務管理しています。

幻想・その3 「サハラの資源は国際法に違反して略奪されている」これは根拠のない主張です。サハラの資源はサハラの住民の責任の下、彼らの参加を得て投資されています。

幻想・その4 「スペインが去って40年経った今でも、サハラの状況は壊滅的です」 これはまったく事実ではありません。 モロッコのサハラは今日、大サハラ地域の連帯と発展のモデルであり、その将来の見通しはさらに有望です。

幻想・その5 「停電の下で、モロッカン・サハラでは人権が深刻に侵害されている」 これは虚偽の主張です。サハラは開かれた地域であり、人権は公平性、和解、説明責任の枠組みの中でますます改善され発展しています。

幻想・その6 「ティンドーフ収容所は人権の楽園です」 これは偏向した主張です。 キャンプでは、奴隷制、拷問、表現の自由や反対意見の抑圧が記録されています。

幻想・その7 「ポリサリオによるミクロ国家樹立のプロジェクトは、地域の平和と民主主義を促進するためのプレリュードです」 これは誤った主張です。 疑惑の分離主義共和国は、ティンドゥフ収容所の治安を維持することに成功しておらず、国家の基準を満たしていません。

幻想・その8 「 MINURSOは人権を監視する権限を持たない唯一の平和維持ミッションです」これは誤った主張です。既存の12の国連ミッションのうち5つがこの権限を持っていません。

幻想・その9 「モロッコは国民投票の開催を妨げる」これは歴史のばかげた改ざんです。 真実は、国連が国民投票を行うことが不可能であると発表したということです。 この状況に直面し、紛争解決プロセスを支援し、行き詰まりを打開するために、モロッコは2007年に自治提案を発表しました。

幻想・その10 「防御的な砂の壁は人種分離の壁です」これは誤った根拠のない主張です。 国連はこの壁を「違法」と表現したことはありません。さらに、この壁を超えての移動は保証されています。

幻想・その11 「サハラウィの文化遺産が破壊されている」これは誤りです。モロッコはハッサーニ・サハラウィの文化を保護し促進することに成功しています。